読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017-03-26.Sun.

書きたくならないのだということを書き留めておかなければなりません。 なにも書きたくない。なにも感じたくない。ただ空気の中に泡となって消えてゆきたい。 生きることはとても楽しいですが、爆走するオープンカーでハイウェイドライブを楽しみながらしか…

2017-02-23,The.

ふわりと優しい湿り気を含んだ生ぬるい空気の中を歩きます。夜はまだ降りてきたばかりで、空は鈍い青色に輝いています。色々な音が聞こえますが全て暗い遠くの生の稜線に吸い込まれて行くようで、とても静かなように感じられます。街灯、家々のカーテン越し…

2017-02-23,Thu.

風の匂いや肌触りに春を感じて嬉しくて、窓を開け放ち、物理の勉強をはじめました。そろそろレールの上に戻らなくてはいけないと思って。車の往き交う音も鳥の鳴き声も草木の匂いもひんやりとした優しい風も、全てが春めいて私を前向きにさせてくれたのです…

2017-02-15,Wed.

私の現時点における世界観の記録。 この世に「真理」というものは存在しない。存在するのは「仕組み」と「事実」だけである。

2017-02-14,Tue. その2

まったく予期していない瞬間に心を通過しない涙が零れることがある。まったくなんでもないような瞬間に。 最近頻繁に「それ」が起こる。 「それ」、つまり温度のない涙がつたりと頰を滑り落ちてゆくのを感じることそのものが、それだけが、私を悲しくさせる。…

2017-02-14,Tue.

なにかが私の心の中で私の意思に反して狂った独楽のようにくるくると回転しているのを感じます。それは前向きな気持ちとクリアな思考を運んできます。心や頭に正常な働きがもたらされていると感じますがしかし、私はほんとうはそんなものではなくて休息が欲…

2017-02-06,Mon.

春の風を感じた。春の風は光を含んで下から上へ緩やかに吹き上げる回転の、強いが肌あたりの優しい、仄かに香りを含んだ風である。遠くでゴオと唸り、足元では残った枯葉や芽の出かけた植物をくるくると弄ぶ。 春の予感の梅やヒヤシンスの香はこの風によって…

2017-01-30,Mon. その2

明日、朝の空気が清浄なうちに文具屋に行ってありったけの原稿用紙を買ってこよう。

2017-01-30,Mon.

ときどき自分の材質が何なのかわからなくなる。おそらく「人間の皮膚」とか「人間の筋肉」とか「人間の脂肪」とか「人間の骨」とかそういった類のものでできているのだろうなということを理解するのは簡単だ。でも青緑がかって不透明な直径10センチくらいの…

2017-01-17,Tue.

昨晩は部屋を真っ暗にしてイヤホンでビートルズの「サージェント・ペパーズ」を出せうる限りの大きな音で聴いた。世界を遮断せねばならないと感じた。壊れる前に意識をやらなければならないと。「サージェント・ペパーズ」は私に極彩色の感覚を与えてくれる…

2017-01-12,Thu.

重くるしくて厳かで静謐で、でも肌と交るととろけるように甘い香りが好き。微かに脈打つように空間を支配するのだ。

2017-01-10,Tue.

水晶体の内側から世界を描写し続けるだけではだめなのだ。心の中では本当は、私は私の言葉を自分を描写するために使うだけではいやだと思っているに違いないのだ。私の言葉は以前とは変わってきている。どうやったら私はこの世界の中空に浮かぶ2つのちいさ…

2017-01-09,Mon.

私は昨晩、血液のことを考えもしなかった。我ながら実に不思議なことだと思う。手首を切ることを考えるときにまず第一に考えなくてはならない問題は血液のことではないのか。途中で固まらないようにアスピリンを飲むとか水に漬けるとか、皮膚を切り裂いた瞬…

2017-01-08,Sun.

刃物を引いて手首を切ることを想像していつも気分が悪くなります。肌に押し当てただけで肉まで切り裂くことができるのは特殊な研がれかたをした刃物だけでしょう。普通の包丁や剃刀で手首を切るときには必ず刃を引かなければなりません。刃物を持った手を手…

2017-01-05,Thu.

私の記憶は狂気に満ちている。文章化されていない記憶はどれも断片的で悪夢みたいに唐突だ。頭の中に瞬間的に投影されるイメージはどれもひどく私の心を掻き乱す。それらは連続的でなく時間的でなく何らかの意味を持つこともない。狂気だけが満ちているよう…

2016-12-28,Wed.

この1ヶ月間ずっと、言葉が離れてゆくのを感じていた。私の言葉は醜く実用的になり攻撃的になり空虚なはりぼてとして私を苦しめた。私は自分の言葉に現実的な実用性が宿るのを嫌う。言葉が実用的になるというのは人間としての関わりあいに囚われるということ…

2016-12-10,Fri.

ときどき足を踏み外して暗い沼に呑み込まれる。 いつも〈大丈夫〉なつもりでいる。生きていけるような気がする。色々やりたいことがあるような気がする。心にひやひやと迫ってくるものに気づいてはいけない。自分が綱わたりをしていることに気づいてしまった…

2016-11-30,Wed.

早く早く早く早く早く早く早く早く!早く終わって。 私は一体いつまで暮らし続けなければならないのでしょうか。揺れて焦点の合わない視界も震えて力の入らない手足も痛み続ける胸も頭も、もう全部脱ぎ捨てたいのです。 ときどき気の迷いで病院に行こうかと…

2016-11-24,Thu.

夜明け、冬の匂いを嗅いだ。目が覚めて、水っぽい雪が枝から落ちる音を聞いた。水道の水は鋭く突き刺さるようで、気づけば指先は棒のようだった。幸せだった。これが冬。これが冬。異常でも何でもいい。待ち望んだ冬の訪れに、心が高鳴った。

2016-11-21,Mon. その2

夢の中には自分というものがない。あるのは行動と閃きと恐怖だけだ。夢によっては行動も閃きも恐怖もなく、ただ多幸感だけがある、ということもある。夢でなく現実ならそれら全てがあるし、動悸息切れ眩暈、そして思考もある。夢の主である私にだけでなく、…

2016-11-21,Mon.

夢。悪夢的ないじめを受けている友達がいて(架空の人物だ、鈍臭くて攻撃的で肌が汚くて小太りで可愛くない。髪が長い。)、ある夜おつかいに行く彼女を守るため私は米と酒とお香が必要だと感じて、(その夜私はお茶の先生の家にいた。)玄関横にあったおひ…

2016-11-20,Sun.

19日(土) お世話になっている人のお母様が亡くなられたと聞いた。私の身体の外部で死の風が吹くのを感じたときいつも、私は罪悪感でいっぱいになる。… 飲み会。名前だけずっと昔から聞いていて(伝説みたいに思っていた)、今日はじめて会った人がいた。谷…

2016-11-15,Tue.

私の言葉に比喩はありません。私の言葉のすべては私にとっての現実のすべてです。描写でさえない。

2016-11-14,Mon.

やはり体温を維持できないので風呂に入り続けている。今日、注文していたアロマセラピーアソシエイツの「エクイリブリアム」バスオイルが届いた。まだ風呂上がりにオイルやクリームを塗るほどの元気がないので、乾燥から逃れるのにちょうどいいと思って湯船…

2016-11-12,Sat.

もうだめです。 愛という感情すらなくなってしまった。絶望以外のあらゆる感情が去ってしまった。 眼に映るすべての像は風景のようで遠く静かに停止している。流れ込んでくるどの映像も気が遠くなるほどうつくしくて、私の、すべての感情を失った眼からは魂…

2016-11-1,Tue.

頭が痛い。頭が痛い。 私の頭の中で痛みの管が絶えることなく脈打ち続けている。巨神兵のきぶん。 あまり意識することがないのだけれど、最近耳鳴りもひどい。頭を中心とした半径1メートルくらいの円の中に実体のない鈴虫が何百匹となく詰め込まれているよう…

2016-10-31,Mon.

私は「楽しさ」をここに表現することができない。「楽しさ」は儚い。「楽しさ」は書き留めたり記憶したりして反芻できるような類のものではないのだ。「楽しさ」の記憶はきらきら光るうつくしい砂糖粒のように私の指の間をすり抜けてゆく。指先に残る夢のよ…

2016-10-30,Sun.

私は自分が死ぬことを恐れている。私が踏みとどまれなくなって死んでしまったら、私の愛しい人たちはどうなるのだろう。どう感じるのだろう。 私は本気で自分の死を恐れている。私は今まで関わったすべてのひとを愛している。 うっかり死なないようにいつも…

2016-10-14,fri.

だいぶ気温が下がってきてとても喜んでいる。寒いと、皮膚の下を何かがゾクゾクと這うような感覚があってそれが私の恐怖にすばらしくぴったりなのだ。この感覚があると、私がなにかよくわからないものを怖がっていることもあまりおかしなことではないような…

2016-10-13,Thu.

ベッドと蛇口と小さな窓だけがある白くて四角い冷たい部屋に紙と鉛筆と香水ひと壜与えて閉じ込めてほしい。窓からは山か海か、なんでもいいけど人の気配のない景色が見えるといいな。電気も暖房もいらない。蠟燭とマッチなんか少しだけあってもいいかもしれ…

2016-10-10,Sun.

左の人差し指にちいさな火傷を負った。なんとリアルな痛みだろう。意識をうつつに縛りつけるような、生きた痛みだった。私は少し嬉しかった。もっと肉体を傷つけてみたいと思った。手首に刃を押し付けるしゅんかんや玉のように膨れる血液や、もしかしたら桃…

2016-10-08,Sat.

ツイッタや現実の世界での私を見ている方は、ここしばらく私がそこそこ平和に楽しそうに暮らしているというような印象をお持ちのことと思います。 自分でもよくわからない。今私は、目標を持って毎日少しずつ前に進もうと努力しているし、心穏やかに楽しく暮…

2016-08-26,Fri.

Dに捧げる三題噺 「メルボルン 伊豆の踊子 香水」私は早朝、タスマニア島に向かう船に乗るためにメルボルンの港に向かった。真っ黒に日焼けした快活な老運転手が言う、「旦那、今からでも遅くないですぜ、島に行くなら飛行機がいい。船に乗ったら丸一日、そ…

2016-08-22,Mon.

どの瞬間だった?どの瞬間私は足を踏み外した?一体いつから私の身体は宙に浮いていた? 不意にそんな問いがよぎる。 私はまだ、自分が足を踏み外したことを知らないはずなのに。

2016-08-21,Sun. その2

このところ、うっかり足を踏み外してつかの間身体が宙に投げ出されたときのような、あの上顎がひやりと浮くような感覚が離れない。 すぐに訪れるはずの、着地の衝撃を畏れ続け、しかし、待ち続ける。 静かに涙だけが溢れる。私は気を失うことができない。自…

2016-08-21,Sun.

甘い嘘しか舌の上に乗せたくない… 香水に満たされた金色の部屋に寝そべり、誰にも届かない甘い嘘だけをぶつぶつと唱えながら人生をやり過ごすことができたら… 夏の終わりの雨の日に、セイロンのあまり細かく砕かれていないお茶っ葉でミルクティーをつくり、…

2016-08-08,Mon.

夜と朝の境目の美しい青色。遠くのビルの、鋭くて黒い影と、その中に規則正しく並ぶ光。顔を後ろに向ければ、ビルの窓は空と同じ色に染まっている。

2016-08-07,Sun.

私の恋したそれそのものが、わたしを拒絶した。あの視線が、わたしを拒絶したのだ。その三時間の間に、そのひとの視線がわたしを穿ったのはたった二回だった。会ったときと、別れるとき。わたしはあの頃いつも見ていたそのひとの横顔を、遺跡の壁画を見るよ…

★1

私はそのひとの視線が好きだった。そのひとの視線はとくべつだった。私はいつもそのひとの横に立って、何かを眺めるそのひとの横顔をみていた。息を呑むほど繊細な細工が施された不思議にシンプルな眼鏡の蔓に僅かに重なって、そのひとの視線が見えた。私は…

2016/07/06,Wed.

お能のお稽古、先生に用事ができてしまったのでかわりに大先生がみてくださった。大先生の声の素晴らしいことといったら。すっかりファンになってしまった。 *** 私は自分を壊すことに決めた。苦しみをやり過ごそうとしても、苦しむ時間が長引くだけだ。…

2016/07/05,Tue. その2

うすぼんやりとした平安とも呼べぬ平安は去った。私は再び、あの研ぎ澄まされた悲しみと絶望を生きる。 悲しみと恐怖で塗り込められたわたしを、誰にも気づかせはしない。わたしは私の存在を完成させる。今ならそれができる。わたしはわたしを壊す。もはや焦…

2016/07/05,Tue.

あの頃のあの感覚が戻った。あの頃に戻ってしまった。17歳、あるいは18歳の私に。景色がまたこんなふうにしっとりと透きとおってうつくしく絶望的に見えるなんて。

2016/07/04,Mon.

Tさんがあまり考え過ぎないように、と言ってくれた。いつでもTさんの言うことは素直に受け入れられるような気がする。 私考え過ぎてますか?考え過ぎてるんでしょう。だって怖い。とても怖い。考えないでいることなんてできるわけない。怖いんだもの。 で…

2016/06/27,Mon.

彼らは自分の半分しか生きてない小娘なんて妖怪みたいなものだってどうして気づけないのだろう?どんなに天使か何かのように感じられて自分を受け入れてくれるように思えたとしてもそんな生き物は決して自分を救ってはくれないんだって、どうして気づけない…

2016/06/26,Sun.

マルグリット・デュラス『エミリー・L』田中倫郎訳、河出書房新社 pp.24-25より ・「あなたはぼくのために勝手に物語を作りあげた。ぼくといっしょに経験したというその物語に、ぼくはなにも関係してないよ」 ・「ぼくは口から出まかせを言って、それから忘…

2016/06/26,Sun.

実のある生活を送っていると、消耗してしまって何も書く気になれない。書く気になれないばかりか頭がおかしくなって変な行動に出た挙句更に磨耗して、という悪循環。 何もしないでいるなんて退屈で耐えられない、と言う人は多いけれど、私はその逆なんじゃな…

2016/06/09,Thu.

たくさんの「死ねない理由」のためだけに生きているのは、すごくみじめだ。いま私は、頭蓋骨の縫合からすべて自分の身体を分解しなければおさまらないだろうような「嫌な感じ」に苛まれていて、いますぐ死ぬ理由はそれだけでもじゅうぶんなのに、それなのに…

2016/06/08,Wed.

香らない/香りを/嗅ぎ続ける

2016/06/02,Wed.

曇っているにもかかわらず、地上はどこから降ってくるともしれない光でほの明るい。まるで地上がうっすらと発光しているように見える。雲の切れ間の空は眩いばかりの青で、南から西はどこまでも遠い。地上の微な心地よい風、雲は微動だにせず泰然として、い…

2016/05/31,Tue.

どんなに楽しい、どんなに幸せな出来事も、想像も、私の死にたみを和らげることはない。私には、死にたくない想像はできない。何か良いことがあって、それで死にたくないと思えるような人とは、人間としての造りが根本的に違うのではないか、そんな気がする…