2014-02-24,Mon.

なんだかんだ言って、書く場があるとやっぱり書きたくなる。でも今はまだ、何を書いたらいいのかわからないなあ。

タバスコが好きです。何故だかはわからない。

牛乳は好きで嫌い。飲み物としてはそんなに好きじゃないけど、牛乳の物質としての魅力、たまらない。とっても記号的。

以前にも書いたと思うけれど、わたしは記号的なものが大好き。

本が好き、記号としての本がほんとうに好き。だから私は電子書籍には手を出さないのです。でもわからない、たんなる情報と化すことによって、「本」はより記号的な存在となるのかもしれない。いやしかし、それは「情報」であって「本」ではない、多くの場合紙とインクでかたちづくられる「本」としての姿を失えば、「本」としての記号も失われるのか。

頭のなかに霧が漂ってる、何もみえない。こんなときに文を書いたってロクなことにならない、でも楽しい、楽しい、タノシイ。コトバを弄るの、楽しい。イルカハイルカ、イクラハイクラ、カッパナッパカッパラッタ!