2014-02-28,Fri.

馴染みの古本屋にて、Tさんが、私と友人Dの最後の制服姿を写真に撮ってくれた。

わたしたちがじゃれ合うところや喋ってるところをカシャカシャ。電車で痴漢を威嚇するときのポーズを要求。
Tさんのカメラ、シグマだった。私もシグマのカメラ欲しいとおもってたので思ってたのでちょっと嬉しかった。
Tさんの髪の毛だいぶ伸びていた。
そして、久しぶりに会ったTさんの体臭、以前と比べ変化していた。洗剤でも変えたのだろうか。以前と共通する甘い要素はほんとうの体臭?
それから靴。いつもはバンズのスリッポンなのに、今日はナイキのスニーカー。ビンテージっぽい色合いの。汚れひとつ色褪せひとつなくとても綺麗、デッドストックというやつ?鮮やかな青に蛍光イエロー。とてもイカす。
会社で大変なことがあるみたい。疲れてる。
いつもよりたくさん話しかけてくれる。
私の存在に慣れたのかな。私もTさんの存在に慣れた。
別れ際、だいぶ前のことですけど鏡地獄とかどうなったんですか、と訊いたら、ああ無事落札しました これで未収録で持ってないのはあと一つ、と言っていた。すごいなあ。すごいなあ。
古本屋を出るわたしたちに、店の奥から大きく手を上げて挨拶してくれた。