2014-03-14,Fri.

アン・リー監督『いつか晴れた日に』(英題  "Sense And Sensibility")観た。とてもいい映画だった。エマ・トンプソンがすばらしかった。あんな表情ができる俳優ってそんなにいないと思う、映画に詳しくないしそんなに数観てないからアレなのだけども。「大佐」役のアラン・リックマンが好みのイケメン。私はあの顔が大好きで、ハリソン・フォードとか、フランスのフィリップ・トレトンとか、初恋のひと「朱夏」もまさにあの顔だった


Tさんはまったく違うタイプの顔なのだけど





でもTさんも「朱夏」も、あの「大佐」と同じ喋り方なのだ、静かで、ぼそっとしたかんじ。
ああいう静かに喋るひと大好き。
ただぼそぼそしてるだけってわけじゃなく、。ああいう喋り方には、なにか静かなメロディみたいなものがあると思うのです。いつか「朱夏」観察日記『こころの声を聴く』にも似たようなことを書いた。












前髪を切ってさっぱりした。眉毛より上、ぱっつん。そのあとでなんとなくバランス悪いなと思ったので後ろも切っておかっぱにした。







夜。『上流階級』を観る。グレース・ケリーなんて素敵なの。あのスタイル!あのウエディングドレス着てみたい。この時代の映画の不自然にお気楽なかんじたまらなく好き。アームストロングかわいい。アームストロング大好き。(この映画にはルイ・アームストロングが本人役で出演しているのです)     高校の体育の先生を思い出した。私は運動苦手なので体育の先生たちにはつねに引け目を感じていたけれど。今となっては懐かしいものです。







ジョン・ダニング『失われし書庫』途中まで。



Dと一時間くらい通話。
江ノ島の話やLINEつむつむの話。人間関係のこと。古本屋のこと。私がアメリカへ行くかもしれないという話。etc.