2014-06-25,Wed. その2

暗く、やさしげな夏のたそがれがスペインの地を包む情景を、思い浮かべよう。萎えて土色に変わりつつある木の葉のつやつやした輝き。西には、低い調べ(ミュージック)にも似た、どこまでもおだやかで神秘的な、空。そして東には、なにやら不吉な兆しの、暗い空。すばらしかった絶頂期もすでに過ぎ、いまはたそがれへと向かっている〈黄金時代〉を、思いうかべよう。

これは、出だしの部分。この本大好き。表紙は萩尾望都だしね。