2014-07-06,Sun. 香水商kさんへのメール「✳︎✳︎✳︎star」22:27

怖い。私は恐怖している。世界に。全てに。世界を知覚したくありません。
存在したくない。世界から忘れ去られてしまいたい。
笑顔で綱渡りを。きょうも。
うつくしい世界を、きょうも感じている。つらい。つらい。
五感を閉じることはできなかった。傷つけて、傷つけて、傷つけて、それでも。私は世界を知覚している。
怖い。怖い。怖い。
黒曜石の夜が降ってきて、私はまだ、感じている、夜の空気、夜の音、夜の匂い、夜の温度、どこかを歩く人の気配、虫の声。土の香り家の香り水の香り常緑樹の香りアスファルトの香り草の香り花の香り髪の染料の香り夜の空気の香り。涙。涙。涙。世界一ちいさな海の香りを感じている
わたしは知覚を失うことさえ恐れているのです
忘れ去られてしまうことさえ、恐れているのです
こころからそれを望んでいるというのに。