2014-07-19,Sat. その5

死にたい。やっぱり、死にたい。いろいろな人が、死ぬなと言ってくれる。でも、それはつらい。とてもつらい。だって、私は、死にたい。

死にたい、けれど、死ぬ勇気がない。剃刀を手に持って、でも手首を切ることはできない。かわりに、足の裏、に傷をつける。歩く度痛む。この痛みが、世界を恐怖するこの気持ちを忘れさせてくれないだろうかといつも願っている。でも、忘れることはできない。何をしても、この恐怖はついてくる。片時も離れず。

苦しい。苦しい。苦しい。