2014-08-02,Sat.

8月1日の夜から薬を飲んでない。全身がびりびりと痺れ続けている。脳みそがぐおおんと叫んでいる。締めつけられるみたい。平行感覚がない。世界が揺れている。どのように世界を受容していたのか、忘れてしまった。目から入ってくる情報に意味を見出せない。ピントが合わないどころか、絞りの調節の仕方まで忘れてしまったみたい。良い気分。とても酷い気分。全身の感覚が冴えわたっている。


こんなことなら、
薬なんてはじめから飲まなければよかった。飲む必要なんてなかった。
以前飲まなかったときみたいな恐ろしい情緒不安定はやってこない。
いや、不安定なのだけど。でも、これはずっと私だった。外に出さなければいいだけ。





頭痛。頭痛。頭痛。こんなに酷かったなんて、気づかなかった。














ピアノを弾いた。Jさんとの会話の中で、やってみようかなって思った。簡単な楽譜を探したがみつからなかったので、ずっとキリスト教の聖歌を弾いてた。音が頭の中で暴れまわる。指が動かせるか心配していたのだけれど、それよりも楽譜を読めるか心配するべきだった。
えっと、ここがソだから、ソラシド…、ああ、ドか。
そんなことをしばらくやっていた。指はこれくらいの簡単なものなら動かなくもないんだけど使い方がめちゃくちゃ。やはり母に教えてもらおうか。