2014-08-23,Sat.

Jさんと三軒茶屋で焼肉。薬酒バー。花屋さんの奥にあるウツボのいるバー。
焼肉、すっごく美味しかった。しあわせだった。内臓系はいままであまり食べたことがなかったので面白かった。
たべながら、私が行儀作法に固執する話をした。他人がどのような食べ方をしていようが気にならないが、自分は常に作法ガッチガチでものを食べる。型が欲しいのである。自分以外に普段の食事で箸の上げ下げをまともに行っている人間を見たことがない。決まった型がないと、何をどうしていいかわからない。これは私の傾向すべてに繋がってくる。透明になりたいことにも、自我を消し去ろうとすることにも、「牧草」が好きであることにも、本の読み方にも。
薬酒バーの二階で、例によって猥褻なことをした。ショウガとウイキョウを飲んだ。途中で電球が切れて、真っ暗になった。暗闇の中で、キスした。
お花屋さんのバーでは、Jさんはカリラのロックとジンライム、わたしは紅茶のリキュール(ティフィン?だっけ?)のカクテルとマティーニを飲んだ。マティーニ、はじめて飲んだと思っていたのだが、あの青臭さには憶えがある。お店のお姉さんとJさんがペットについて話をしていて、すこし妬いた。お姉さんが美人だったこともあって。ところで、マティーニにオリーヴがついてこなかったことに安堵した。だって、あのオリーヴをどのようにするのが正式なやり方なのか知らないのだもの。
新宿の駅で、帰りたくない離れたくないと泣いてJさんを困らせた。