2014-11-04,Tue.

Jさんを愛しいと思うしゅんかん
◇わたしが「にゃあ」と言うとすこしだけ鼻息を荒くする
◇わたしの「にゃあ」ツイートをJさん以外の人がふぁぼると「玄冬の「にゃあ」をふぁぼっていいのは俺だけなんだ…」などとボヤく。Jさんはふだん一人称は「僕」を使っているが、ときどき「俺」になる。「俺」を使うときはからっと陽気な声になる。
◇電車の中でわたしが閉所恐怖により無表情になると心配そうな顔をしてわたしの顎を摑みほっぺたをむにむにする
◇むにむに
◇むにむに
◇むにむに
◇なにもしなくてもそこにいるだけで愛しい

ところで、「自分を狂人だと認定する」「ことができる」のは、「かつて狂人ではなかった」「今は狂人である」人だけである。「かつて狂人ではなかった」ことが必要なのは、「狂人」を「正気(精神の正常な状態)を失った人」と考えるからである(正常な状態を知らないとそれを失ったことがわからないから)(このとき、「かつて狂人であった」「今は狂人ではない」人は「自分がかつて狂人であった」ことを認定できないはずである。正常を知らない狂人は自分を狂人であると認定できないし正常な状態では自分を狂人であるなどとは考えないはずだからである(正常な状態では自分の正誤を疑うことはできても正気を疑うことはできない、人は自分の正気を疑った瞬間に狂人の領域へと足を踏み入れる))。
何言ってるの、馬鹿なの、私
屁理屈ぐつぐつ、楽しい

どうでもいいけど「認定」って言葉はおかしい