2014-11-06,Thu. その2

コードウェイナー・スミスノーストリリア浅倉久志・訳 ハヤカワ文庫SF 読み返す。とくに好きな小説というわけでもないけれど、わたしの罪悪感の対象、みたいなものが詰まってる。愛しい。
この小説は良く出来てはいないと思うのです。安易すぎる。読み手に負担がかからない。冷徹さに欠けるが故に残酷。細切れ単位を大事にしすぎている気がする。ふつうに楽しめるけれど。