2014-12-26,Fri.

金曜はJさんの仕事、休みの日なのでずっと一緒にいた。11時前くらいまでホテルにいた。少し歩いたりブックオフをみたりしてごはんを食べるお店が開く11時半まで時間を潰した。紀伊国屋の地下にあるカポネというお店で朝ご飯兼昼ご飯を食べた(食べた内容からしてブランチというのは少しなにか…)。Jさんはカキフライ定食、私は焼いたサバの定食。変な顔をした魚(カワハギ)のお造りも食べた。カキフライをひとくちもらったけれど、おいしくて、今まで自分がカキフライを避けていたのはなんだったのだと思った。サバももちろんとてもおいしかった。Jさんがいつもちゃんとしたものを食べさせてくれてるというのもあるけれど、しかし、Jさんと一緒に食べるとなんでもおいしく感じられる。Jさんと一緒に食べたものの中で私が「まずい」と思ったものはひとつもなくて、これはとても偏屈な舌を持っている私には奇跡のようなことである。12時過ぎに新宿を出発して、山手線に乗って西日暮里に行った。西日暮里からてくてくてくてく散歩した。町屋を通って只管歩いて、北千住についた。商店街を歩きまわって、やりかけだんごを買った。老人しかいない児童館の自転車置き場の脇の花壇の縁に座って食べた。たれの味がとても濃くて面食らったけれど、だんごの粉の味もしっかりしていておいしかった。だんごというものを久しぶりに食べた。小学生の頃たまに立川に行って、第一デパートの通り沿いにあった和菓子屋でだんごを買ったものだった。よぼよぼのおばあさん2人とおじいさん1人でやっていて、私がお団子を買うといつもすあまと余分なだんご2本くらいおまけしてくれた。家族にも食べさせるためにいつも8本くらい買っていた。中学生になってからも何回か行ってみたが、休みがちだった。別れみたいなものが怖くて足は遠のいた。もう何年も行ってないし流石にもう彼らはいないだろうと思う。店もなくなってしまったかもしれない。怖くてあの通りに足を踏み入れられない。
おだんごを食べたあと焼き鳥も食べた。焼き鳥は冷えていてもおいしいなあと思った。北千住を少し歩き回って、conversation という喫茶店に入った。こだわりの強い趣味の良いお店だった。水が湯ざましだったのには驚いた。分厚いパンケーキがウリのようで、私たちは今日食べてばかりだからと二人で一皿頼んだ。重いだろうなという予想に反してパンケーキはものすごく軽くて口当たりがよくて、甘さも抑えられていてほんとうにおいしかった。上に乗っていたホイップクリームも普通のホイップクリームと違ってとても軽くて爽やかで口の中でしゅわっと溶けた。コーヒーは苦味命!というかんじの味、とても丁寧に淹れられていた。私はこのお店がほんとうに気に入ってしまった。近くに住んでたら頻繁に通いたい。(でもJさんは私ほどにはこのお店を気に入らなかったみたいだ)。(ところでパンケーキとホットケーキはどう違うのですか)。お店を出たらあたりはだいぶ暗くなっていた。電車に乗って上野に行った。上野からまた歩いた。てくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく歩いた。御茶ノ水ディスクユニオンをみた。またてくてくてくてくてくてくてくてくてくてく歩いた。四谷でカレーうどんを食べた。てくてくてくてくてくてくてく、歩いた。月がすごく大きかった。時空が歪んでるのかなと思った。新宿で、9時過ぎ、別れた。