読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015-02-19,Thu. その4

こんな窮屈な躰に押し込められて、言葉によってしか考えることができない。常に感覚がつきまとい、感情が押し寄せる。人格が私を縛る。重たいっ!身動きが取れない。粘度の高い液体に浸かっているみたいに。苦しい!呼吸!呼吸!呼吸!空気を吸い込むことになんの意味がある!?苦しい!息を吸ってる、吐いてる、身体がここに在る!触覚、視覚、嗅覚、聴覚、味覚、全部要らないのに!どうして!押し潰されてしまう。
玄冬と名付けられた身体から開ける全てを抹消せよ