読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015-05-07,Thu.

初めは、ポール・クレーの絵に似て揺れ動き、湿気のある、微妙で戦きに溢れた光景が現れた。その青色も緑も紫も彼女の感情に似て全体に融合し、一切が解きほぐすことも出来ぬほどに融け合っていた。リズムをなして感応しながら受け入れ、動く何ものかに彼女は、自分の応じて動く血のリズム、大変に小さな海を孕んでいる自己自身について自分で常に持っている同じ感覚で応酬したのだった。まるで小さな細胞という細胞が薄膜で分離されておらず、まるで自分が別々になった神経や筋肉や血管からでなく、他のものに流れ込み、他のものの感情を見抜き、さらに再び自分に流れ返ることの出来るひとつの全体的な流動成分、水や海のように他のものによってた易く動かされ、貫き通されうるような成分から作られているように思えたのだった。
スクリーンの上にそのポール・クレー的光景を見た時、彼女は即座に溶解した。そこにはもはやステラはなく、世界の誕生に関与するひとつの流動成分があった。水と柔軟さの楽園が。
しかし、この光景には、最も意表を突く、恐ろしい炸裂、大地が形成され、破壊され、再び形成され、また新たにその慣れ親しんだ形へと破壊される炸裂が続いた。この炸裂は彼女にはありふれた、それに予想もされたものである。が、思いもしなかった激しさで彼女に反響したのだった。まるで、彼女がそれをすでに生きて経験したことがあるかのように。
このように青や緑や紫の楽園、絶え間なく流れ、動く鍛接された細胞の楽園、二度目のことのようにも思え、瓦解についての苦痛に満ちた肉体の記憶を蘇らせるこの楽園全体の絶滅を以前彼女はどこで経験したのであろうか?
炸裂が一度、二度、三度と起こるにつれて、平安な気持は打砕かれ、あんたん












あと2〜3ページコピペしたいけど疲れた。アナイス・ニン『近親相姦の家』より