読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説

「愛っていうのは私のためになら傷ついてもいいって、そういう気持ちのことじゃあないの」
稀以子は、證が自分を愛していないことを確信していた。そして彼に、おまえを愛していないと言わせたかった。
夜空には食べたおぼえもない鯖の棒鮨のにおいが漂っていた。