2015年8月25日(火)その2

過去を変える、なんて、言葉の上からでもじゅうぶんに馬鹿げた考えだとわかるけれども。とても魅力的だ、
いま私の存在を消したら(勿論殺すという意味ではなく純粋に、消す、ということ)、五次元的金太郎飴みたいなイメージで、私の存在が過去から引っこ抜かれたり、しないものだろうか、などと考えるとたのしい…
そうなれば、世界は引っこ抜き甲斐のある根っこだらけで、
フジサンロクオウムナク、なんてね