2015年9月4日(金)

私のからだを満たす形而上的な物質、あるいは何か精神的なもの、は、とても密度がちいさくて、そとの世界から入ってくる情報(抽象的な意味での)に耐えきることができない(浸透圧のイメージ)。いつも張りつめていないと侵されて破裂してしまう。こんなことを意識しないで生きていられたらどんなにいいだろう。