2015年9月14日(月)

わたし、はいつだって忘れられることしかできない。
気づけばわたし、がしたことはすべて思いだしてもらうための試みだった。
二度と思いだしてはもらえないのだ、
忘れそして知っているふりをする
去年はひとり、気づいたひとがいた。気づいてくれたはじめでおわりの人だった。或いは気づいたふりをした。そのひともすぐに忘れた。
みんなはじめから忘れている。