2016-03-09,Wed.

暗闇の中で、光があれば深緑色に見えるだろう座布団の上に蹲って私はゆっくりと沼に沈んでゆく。肌で闇を感じる。闇は泥だ。重く冷たく息苦しい。私は闇を吸い込む。身体が闇で満たされる。ゆらーん。
闇は私の眼球を圧し潰し、頭蓋骨の中を流れる。見えない両手で顔を包む。全てが闇だ。