読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/06/02,Wed.

曇っているにもかかわらず、地上はどこから降ってくるともしれない光でほの明るい。まるで地上がうっすらと発光しているように見える。雲の切れ間の空は眩いばかりの青で、南から西はどこまでも遠い。地上の微な心地よい風、雲は微動だにせず泰然として、いつもより低い位置に浮かんでいる。落ちてこないのが不思議だ。完璧な純白と、完璧なブルーグレーの完璧なコントラスト。遠くの山は輝いて、輪郭を際立たせている。…突然振り下ろされる日光の剣。