読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016-11-14,Mon.

やはり体温を維持できないので風呂に入り続けている。今日、注文していたアロマセラピーアソシエイツの「エクイリブリアム」バスオイルが届いた。まだ風呂上がりにオイルやクリームを塗るほどの元気がないので、乾燥から逃れるのにちょうどいいと思って湯船を張りなおし垂らしてみた(今回は最近いつも使っているエプソムソルトは入れなかった)。

イメージと違い、緑透明の爽やかな香りが鼻に抜けた。暫くしてゆっくりと花のような柔らかな香りが開き、風呂から上がると全身が乳香の香りに包まれる。薔薇の香りは心臓のように、溶け込みながら終始裏側で脈を刻む。

いつもは寒くてたまらなくてなかなか湯船から出られないのに、今日は何故だろう、15分ほどで出てしまった。身体が静かな温もりに包まれているのを感じた。どうしても布団に入りたいと思って、俯せに布団にくるまる。全身の筋肉が今までにないほど弛緩している。温もりは冷めることがなく、身体も脳味噌も緩々と布団に沈み込んでいくようで、鼻腔を擽る残り香、…私は眠りに落ちていた。しあわせな眠りだった。

 

 

正直私はここまでのことを期待していなかった。いい香りで癒されて肌がしっとりする、その程度のものだと思っていた。最後に私を助けるのは香りなのかもしれない