2017-01-30,Mon.

ときどき自分の材質が何なのかわからなくなる。おそらく「人間の皮膚」とか「人間の筋肉」とか「人間の脂肪」とか「人間の骨」とかそういった類のものでできているのだろうなということを理解するのは簡単だ。でも青緑がかって不透明な直径10センチくらいのガラス玉と象牙の箸と冷たい水蒸気と狸の毛皮でできているのだったら嬉しい。いや、半分そう信じているのだ。