2017-05-23,Tue.

歯医者で歯を磨いてもらった。歯間ブラシの大きくなったような形のブラシで表面を磨き、プラスチックの楊枝みたいなもので歯の間を。最後に、シトラスの味がする黄色いペーストをつけて先っぽが回転する歯医者っぽい器具で表面を滑らかにしてくれた。

 

口をゆすいだ水が魚臭いと感じた。歯医者の奥の暗い部屋には青く照らし出された水槽がたくさんあって種々様々の魚が飼われている。水換えをして捨てる水をタンクに貯め、患者が口をゆすぐための水はこのタンクから出されるのだ。若い歯科衛生士の女は夜になると熱帯魚の喉を覗き込み植物の産毛みたいな透明の細かい歯を丁寧に磨いてやる。