2017-06-22,Thu.

夕方、猛烈な眠気を感じて、眠った。夢を見た。怖かった。

父と母が庭のテラスでお茶を飲んでいる。知らない女の人が一緒に座っている。女の人は中空を見つめ呻き声のような歌声のようなおかしな音を発し続けている。痩せてちりちりふわふわとした長い焦げ茶の髪、白い長袖のTシャツの上に濃淡のピンクで隙間なく水彩画ふうの花のように見える細かい模様がプリントされた薄い布地のスリップワンピースを着ている。一瞬若い女だと思ったが歳をとっている。浅黒い肌は弛んで皺を作っている。この人は誰と両親に訊くと困ったような顔で勝手に入ってきてしまった、話しかけても何も聞いていない、見ていないと言う。私はすごく怖くなる。〜記憶が飛ぶ〜気づくと女の人は声を出すのをやめテラスから降りて先月まで金魚の入っていた(今はメダカが入っている)鉢の側に椅子を置いて座り、顔に何かを塗りたくっていた。こちらに向けられた顔を見て私は声を振り絞り悲鳴をあげた。泥のように不透明で粒子を感じる顔料、白と黒でぎろりと丸い目を描き口に赤い線を引きそれ以外の肌に青黒い灰色をべたべたと。元の顔は消えている。〜記憶が飛ぶ〜その女性の所有者(保護者という言葉を使うのが正しいのかもしれないけれど、何故だろう、私にはこの人が女性を「所有」しているように見えた)、背が低くて太って浅黒くて険悪な表情をした(顔の造作自体は沖縄の人のように思えた)おばさんがやってきて私たち家族に嵐のように文句を言い、女の人を各辺1.5メートルほどの立方体の檻に詰め込んでリヤカーのようなものに積んで去っていった。女の人は檻の中で苦しみながら獣のように吠えていた。〜記憶が飛ぶ〜夜テラスで私は見慣れない白磁の食器(のようなもの)をいくつも見つける。次の日グレーの夏用スーツを着た明るく横柄な態度の脂ぎった初老の男性が訪ねてきてそれを譲ってくれと父に頼んでいるのを見る。とても怖い。何もかもが怖い。目が醒めると胃が捩れるように痛んでいた。すごく怖い。